採用情報  お問い合わせ  個人情報の取り扱い

会社概要学校関係のお客様
制服紹介 スクーラー制服研究会 制服モデルチェンジサポート
あなたの街の学生服のお店 制服エコ委員会制服着こなしセミナースポーツ教室 制服お悩み相談

SCHOOLER 制服研究会

トンボ学生服






 TOP > SCHOOLER制服研究会 > 制服はなぜあるのでしょうか?


      制服の発祥

ブレザーの誕生


・ケンブリッジ・ボートクラブ説

・当時画期的だった英国大型帆船 HMS Blazer 説


意識変革とシンボリズムをもたらす「ユニフォーム」






      制服の概念


○ みんな制服を着ている!

 ・人を一つの役割に還元する制服 〜白衣〜

 ・人を一つの役割に還元する制服 〜警官〜


○制服の目的

 ・消費者金融会社の制服

 ・警官の制服




○近代制服の歴史

   ・封建圧制からの自由    フランス革命時の「市民スタイル」

   ・小市民社会や経済優先社会からの自由    「ヒッピースタイル」

   ・考え方や生き方の自由     「仏実存主義者」


○自由と平等のシンボルとしての『同じ服装』

  近代制服の発祥


○平等からの脱却も、類型的なスタイルだった

○着崩しの本質

○制服の必要性を一言で言えば・・・

   ・生徒の態度や考え方が、ごく当たり前の場合

   ・生徒の態度や考え方に問題がある場合(着崩しが目につく場合)


      制服はなぜあるのでしょうか?

1, 服装と意識の相関関係から




2. 学校への態度形成を良好にする意味から



3. 制服を定めないとどうなる?

    ・実際のところ、どうなるか予測がつかない。

    ・生徒の服装が華美、だらしない、カジュアルなものに流れ、しまりがなくなる。
    
    ・個々が強調され集団が軽視される。
  
    ・子供カルチャーと大人(保護者、先生、社会)カルチャーが違い過ぎ、摩擦がたびたび発生する。

    ・服装に関する不平等の発生。

    ・自校生徒かどうか分からない。




○先生の服装が与える影響

○選良意識と制服


                                  ← SCHOOLER(スクーラー)一覧に戻る


       Copyright (c) 2016 株式会社東海マルタカ All Rights Reserved.                                   >>企業ユニフォームをお探しの方